ナイスリムエッセンス ラクトフェリンの特徴・成分・効果

ナチュラルサプリメント

機能性表示食品第一号である「ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」の特徴・成分・効果を紹介します。

・ラクトフェリン健康食品市場7年連続売上No.1
・ラクトフェリンシリーズ累計145万人突破

ナイスリムエッセンス-ラクトフェリン機能性表示食品
引用先:ライオン公式オンラインショップ

商品情報

内容量320mg(1粒重量)×93粒
1日の摂取目安量 : 3粒(ラクトフェリン 300mg*)
* 機能性表示食品制度により、商品には下限値として270mgと記載しておりますが、配合量は300mgです。
原材料名マルチトール、デキストリン、ヒハツエキス/ラクトフェリン(乳由来)、結晶セルロース、HPMC、アルギン酸Na、CMC-Ca、微粒酸化ケイ素、グリセリン、タルク、ステアリン酸Ca
3粒(0.96g)あたりの成分熱量3.3kcal/たんぱく質0.3g/脂質0〜0.01g (飽和脂肪酸0.001g)/炭水化物0.6g(糖質0.3g /食物繊維0.2g)/食塩相当量0〜0.01g
摂取上の注意●1日の摂取目安量をお守りください。●本品は乳由来、コショウ科植物由来原料を使用しております。食品アレルギーのある方は召し上がらないでください。●食べ過ぎると一時的におなかがゆるくなることがあります。/保存上の注意:●乳幼児の手の届かないところに保管してください。●開封後はお早めにお召し上がりください。

基本情報

届出番号A1
商品名ナイスリムエッセンス ラクトフェリン
届出者名ライオン株式会社
食品の区分■加工食品(■サプリメント形状)
機能性関与成分名ラクトフェリン
表示しようとする機能性本品にはラクトフェリンが含まれるので、内臓
脂肪を減らすのを助け、高めの BMI の改善に役
立ちます。
当該製品が想定する主な対象者腹部肥満傾向の健康な日本人男女(疾病に罹患
している者、妊産婦(妊娠を計画している者を
含む。)及び授乳婦を除く。)
一日当たりの摂取目安量・21 粒入りパウチ
3 粒

・93 粒入りボトル
1 日 3 粒を目安に水などと一緒にかまずにお召し上がりください
一日当たりの摂取目安量当たりの機能性関与成分の含有量機能性関与成分名:ラクトフェリン
含有量:270mg

安全性に関する基本情報

安全性の評価方法■食経験の評価により、十分な安全性を確認している。
安全性に関する届出者の評価・「ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」の安全性に関する評価は、2007 年の発売以降およそ6億粒を販売しているナイスリムエッセンス ラクトフェリン(以下、類似食品)の食経験により実施しており、十分な安全性を確認するとともに、重篤な健康被害が発生していないことも確認している。

・「ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」と類似食品は共にラクトフェリン腸溶錠(ラクトフェリンが胃で分解されず腸まで届くようにコーティングした錠剤)であり、機能性関与成分(ラクトフェリン)の消化、吸収過程は同等であることを確認している。

・機能性関与成分(ラクトフェリン)と医薬品との相互作用についても、確認されていない。

機能性に関する基本情報

機能性の評価方法■最終製品を用いた臨床試験(人を対象とした試験)により、機能性を評価している。
機能性に関する届出者の評価ア.標題
ラクトフェリンの摂取により、内臓脂肪の減少と高めの BMI の改善が期待できる

イ.目的
腹部肥満傾向の健康な日本人男女に、被験食(ラクトフェリン腸溶錠;ラクトフェリンが胃で分解されず腸まで届くようにコーティングした錠剤)もしくは対照食(ラクトフェリン未配合腸溶錠)を 8 週間摂取してもらい、被験食対象者の内臓脂肪および BMI の減少効果を確認すること。

ウ.背景
内臓脂肪の蓄積を伴う肥満はメタボリックシンドローム発症の主な原因になることが知られている。これまでにラクトフェリンの機能の一つとして脂質代謝改善作用が報告されているが、内臓脂肪や BMI に対する有用性は明らかになっていなかった。そこで、腹部肥満傾向の健康な日本人男女を対象にしたラクトフェリンの内臓脂肪および BMI に対する減少効果を検証した。

エ.方法
「対象者の特性」
BMI25 以上で腹部肥満傾向の 20 歳以上の健康な日本人男女 28 名を対象とした。

「研究デザイン」
評価をするにあたり先入観や思い込みが生じないようにするため、被験食と対照食のどちらを摂取しているのか対象者も評価機関(医師およびそのスタッフ)も分からないようにした。

「摂取条件」
被験食:ラクトフェリン腸溶錠、機能性関与成分:ラクトフェリン
摂取量:ラクトフェリンとして 300 mg/日(1 日 3 錠、1 錠あたり 100 mg)
対照食:ラクトフェリン未配合腸溶錠(ラクトフェリンの代わりに乳糖を配合、1 日 3 錠)
摂取期間:8 週間

「利益相反」
著者の一部は当社従業員である。また、試験の実施は第三者機関によって行われ、当社は試験費用を負担した。(2015.6.12 修正)

オ.主な結果
対象者は被験食群と対照食群、それぞれ 14 名ずつとした。内、各群 1 名ずつは転勤等の理由で、途中で試験参加を取りやめた。対象者に、被験食または対照食を 8 週間摂取してもらい、摂取前後における腹部内臓脂肪断面積および BMI を測定した。その結果、被験食群では、摂取前と比較して、摂取後は腹部内臓脂肪断面積、BMI ともに減少した。なお、対照食群と比較すると、腹部内臓脂肪断面積は平均で 12.8 cm2、BMI は 0.9 kg/m2低い値となっていた。また、両指標に関して、被験食群と対照食群の 2 群間に有意な差が認められた。本試験において健康への影響は認められなかった。

カ.科学的根拠の質
本試験は、BMI25 以上の腹部肥満傾向の方を対象にした試験である。健康な腹部肥満傾向の方の内臓脂肪の減少及び BMI の改善が期待できる。
(構造化抄録)

参考情報

機能性表示食品についてもっと知りたい方はこちらのページを参考にして下さい。

2015年開始!機能性表示制度とは?健康食品業界が大きく動く第三の制度
機能性表示食品の広告を作るときの5つの注意点
機能性表示食品とは?機能性表示食品の意味・定義

ナチュラルサプリメント

創業4年で売上を1億⇒30億へ急増させた通販企業の秘密

薬事法ドットコムでは、多数の成功事例があります。
・やずや様・・・売上30億⇒470億
・サニーヘルス様・・・売上70億⇒500億
・新日本製薬様・・・売上30億⇒200億
・美容液I様・・・創業4年で売上30億
など
このような急成長を遂げた通販企業の秘密を知りたくありませんか?
無料メルマガでは、そのような成功企業の秘密を公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です