キリンビール「パーフェクトフリー」の特徴・成分・効果

キリンビールの「パーフェクトフリー」について説明します。
パーフェクトフリーは、機能性表示食品制度対応のノンアルコール・ビールテイスト飲料です。

「パーフェクトフリー」の特徴・成分・効果など詳細を見ていきましょう。


引用先:パーフェクトフリー販売ページ

商品情報

原材料名難消化性デキストリン(食物繊維)、大豆たんぱく、ぶどう糖果糖液糖、ホップ、米発酵エキス/炭酸、香料、酸味料、カラメル色素、甘味料(アセスルファムK)
アレルギー大豆
栄養成分等表示単位等(350mlあたり)
アルコール分(%):0.00、エネルギー(kcal):0、たんぱく質(g):0〜0.7、脂質(g):0、炭水化物(g):5.6、糖質(g):0、食物繊維(g):5.6、食塩相当量(g):0〜0.1、その他成分:機能性関与成分 : 難消化性デキストリン(食物繊維として)5g

基本情報

届出番号A3
商品名パーフェクトフリー
届出者名麒麟麦酒株式会社
食品の区分■加工食品(■その他)
機能性関与成分名難消化性デキストリン
表示しようとする機
能性
本品には難消化性デキストリン(食物繊維)が含まれます。
難消化性デキストリンは、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させるとともに、糖の吸収をおだやかにするため、食後の血中中性脂肪や血糖値の上昇をおだやかにすることが報告されています。
本品は、脂肪の多い食事を摂りがちな方や食後の血糖値が気になる方に
適しています。
当該製品が想定する主な対象者■脂肪の多い食事を摂りがちな方
■食後の血糖値が気になる方
一日当たりの摂取目安量1 日 1 回 1 本(350ml)
一日当たりの摂取目安量
当たりの機能性関与成分
の含有量
機能性関与成分名:難消化性デキストリン
含有量:(食物繊維として)5g

安全性に関する基本情報

安全性の評価方法■ 食経験の評価により、十分な安全性を確認している。
■ 安全性に関する既存情報の調査により、十分な安全性を確認している。
安全性に関する届出者の評価①喫食実績による食経験の評価
当該製品「パーフェクトフリー」についての販売実績はないが、当該製品と同じ機能性関与成分を同等量含有する飲料として「キリン午後の紅茶ストレートプラス」、「キリンメッツコーラ」等がある。現在販売している「キリンメッツコーラ」の1日摂取目安量は480mL(1本)であり、難消化性デキストリンを5g配合している。本製品は2012年4月24日の発売以来、日本全国での流通実績があり、幅広い年齢層のお客様に飲用されており、2014年12月末時点で累計約4億本の販売実績がある。本製品
摂取に起因する重大な健康被害は報告されていない。

②既存情報を用いた食経験の評価
難消化性デキストリンはトウモロコシデンプン由来の食物繊維であり、原料であるデキストリンは米国でGRAS(一般に安全と認められる食品)に分類されている。難消化性デキストリンを使用した特定保健用食品は364品目(平成27年2月18日時点)が許可されており、清涼飲料水、粉末清涼飲料、
味噌汁、ゼリー、米飯等の食品に幅広く使用されている。国立健康・栄養研究所のデータベースに
おいて特定保健用食品の安全性に関する情報が開示されており、難消化性デキストリンを関与成
分とする炭酸飲料として「キリンメッツコーラ」、「ペプシスペシャル」が収載されている。これらの製品は当該製品と同量の難消化性デキストリン(食物繊維として5g)が含まれている。
以上のことより、難消化性デキストリンには十分な食経験があるものと評価した。

③既存情報を用いた安全性試験の評価
難消化性デキストリンの安全性は、安全性試験でも確認されている。微生物を用いて発がん性の
有無を簡便に評価できる試験において陰性結果が報告されている。ラットを用いた急性毒性試験
では、1回に体重1kgあたり20 g以上(体重50kgのヒトで1kg摂取相当)の難消化性デキストリンを摂取させても死亡例がないことが報告されている。ラットの餌に難消化性デキストリンを20%の濃度で混ぜて5週間毎日摂取させても異常は報告されていない。また、難消化性デキストリンを含む炭酸飲
料をヒトに摂取させた試験(難消化性デキストリンを5g/日を12週間、15g/日を4週間摂取)も複数あり、安全性が確認されている。
 なお、難消化性デキストリンと医薬品との相互作用に関する報告は、各種データベースを調査し
たが、当該製品摂取で問題となるような報告は無かった。
摂取する上での注意事項飲みすぎ、あるいは体質・体調により、おなかがゆるくなる可能性がある。

機能性に関する基本情報

機能性の評価方法■ 最終製品ではなく、機能性関与成分に関する研究レビューで、機能性を評価している。
機能性に関する届出者の評価①タイトル:
難消化性デキストリンの血中中性脂肪上昇抑制効果、及び血糖値上昇抑制効果の検証

②目的:
難消化性デキストリン(以下、「難デキ」と示す)が配合された食品を摂取した場合の下記効果を確認することを目的とする。そのため、研究レビューとして、健常な成人男女を対象として、難デキを含まない食品と比較した国内外の論文を広く調査して、下記効果の科学的根拠を評価した。
 ・血中中性脂肪の上昇を抑制する効果(血中中性脂肪上昇抑制効果)
 ・血糖値の上昇を抑制する効果(血糖値上昇抑制効果)

③背景:
【血中中性脂肪上昇抑制効果、血糖値上昇抑制効果】
生活習慣病の中でも、心筋梗塞や脳梗塞等の動脈硬化性疾患を主とする心疾患や脳血管疾患は、日本人の全死因の約30%を占めており、動脈硬化性疾患への対策を検討することは、国民の健康維持にとって非常に重要であると考える。一方、動脈硬化性疾患の主要な危険因子として、食後高脂血症等の脂質代謝異常症や、食後高血糖が挙げられている(動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2012年版、厚生労働省eヘルスネット)。

そこで、これらの抑制に繋がる効果を持つ食品を提供することは、日本人の健康維持に役立つと考えた。

【機能性関与成分(難デキ)の選定】
食物繊維の一つである難デキには、上記の二つの効果を調査した臨床試験の論文が多数報告されていることから、当該製品の機能性関与成分に選定した。

<血中中性脂肪上昇抑制効果:A>
④-A 研究レビュー対象とした研究の特性
論文の検索日:2015年9月25日(和文)、2015年9月25日(英文)
検索対象期間:1966~2015年
対象集団の特性:健常な成人男女(中性脂肪値がやや高めの方*を含む)
最終的に評価した論文数:14報
研究デザイン:臨床試験全般
利益相反情報:キリン株式会社で研究レビューを実施
*やや高めの方:特定保健用食品の試験対象の空腹時血中中性脂肪値 150~199mg/dlの者

⑤-A 主な結果
脂肪を含む食事とともに難デキを摂取した場合に、血中中性脂肪の上昇を抑える効果があると報告した論文が14報であり、効果がないとする論文はなかった。

⑥-A 科学的根拠の質
評価した全ての論文の研究デザイン(試験方法等)が、血中中性脂肪上昇抑制効果を調査する
目的に適合していることを確認した。正確性の観点から研究デザインの質(例:臨床試験のランダム割り付け*1、盲検化*2)を評価したところ、最も質が高いレベルと判断できた論文は14報中12報であり、臨床試験の規模(例:被験者数)は、総じて一般的に実施される食品摂取試験と同等であった。
また、血中中性脂肪上昇抑制効果が確認された論文が14報中14報全てであることから、効果があるという結果には一貫性があると判断した。効果がないという一部の研究成果が、論文として出版されていない可能性はあるが、その点については確認できなかった。
これらのことから、今回評価した論文全体を通して、科学的根拠の質は確保されていると評価し
た。
なお、血中中性脂肪が未記載の3報を除く全ての論文で「やや高め」の方が対象に含まれていた
が、健常な被験者(空腹時血中中性脂肪:150mg/dl未満)のデータに絞って分析した論文も1報あり、その場合も効果があるとの結果であった。
*1 ランダム割り付け:試験食品或いはプラセボ食品(機能性関与成分が含まれない食品)のいずれかを、乱数表等を用いて被験者に割り付ける方法。
*2 盲検化:被験者が摂取する食品が、試験食品かプラセボ食品(機能性関与成分が含まれない食
品)が分からないようにすること。

⑦-A 結論
以上のことから、脂肪を含む食事とともに摂取した場合、難デキの血中中性脂肪上昇抑制効果に
は科学的根拠があると評価した。

<血糖値上昇抑制効果:B>
④-B 研究レビュー対象とした研究の特性
論文の検索日:2014年12月1日(和文)、2014年12月3日(英文)
論文の検索対象期間:1966~2014年
対象集団の特性:健常な成人男女(疾病との境界領域*を含む)
最終的に評価した論文数:56報
研究デザイン:臨床試験全般
利益相反情報:キリン株式会社で研究レビューを実施
*境界領域:特定保健用食品の試験対象の空腹時血糖値 110~125mg/dlの方

⑤-B 主な結果
糖質を含む食事とともに難デキを摂取した場合に、血糖値上昇抑制効果があるとした論文は55報であり、効果がないとする論文は1報であった。

⑥-B 科学的根拠の質
血糖値上昇抑制効果の検証という目的に、1報を除き評価した全ての論文の研究デザイン(試験方法等)が適合していることを確認した。正確性の観点から研究デザインの質を評価したところ、最も質が高いレベルと判断できた論文は56報中27報であり、臨床試験の規模(例:被験者数)は、総じて一般的な食品摂取試験と同等であった。
また、血糖値上昇抑制効果が確認された論文が56報中55報であることから、効果があるという結果には一貫性があると判断した。効果がないという一部の研究成果が、論文として出版されていない可能性はあるが、その点については確認できなかった。

これらのことから、今回評価した論文全体を通して、科学的根拠の質は確保されていると評価した。

なお、多くの論文の対象者は境界領域の方を含んでいたが、健常な被験者(空腹時血糖値:110mg/dl未満)のみを対象とした論文も4報あり、その全てが効果ありとの結果であった。

⑦-B 結論
以上のことから、食事とともに摂取した場合に、難デキの血糖値上昇抑制効果には科学的根拠があると評価した。

参考情報

機能性表示食品についてもっと知りたい方はこちらのページを参考にして下さい。

2015年開始!機能性表示制度とは?健康食品業界が大きく動く第三の制度
機能性表示食品の広告を作るときの5つの注意点
機能性表示食品とは?機能性表示食品の意味・定義

創業4年で売上を1億⇒30億へ急増させた通販企業の秘密

薬事法ドットコムでは、多数の成功事例があります。
・やずや様・・・売上30億⇒470億
・サニーヘルス様・・・売上70億⇒500億
・新日本製薬様・・・売上30億⇒200億
・美容液I様・・・創業4年で売上30億
など
このような急成長を遂げた通販企業の秘密を知りたくありませんか?
無料メルマガでは、そのような成功企業の秘密を公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です