接骨院・整骨院・整体院・カイロプラクティック・整形外科の違いとは?

関節痛や肩こり、腰痛などの体の痛みが発生したとき、どこにかかれば良いのでしょうか。
このように聞かれて一般に思い浮かべるのは、接骨院・整骨院や整体院、カイロプラクティック、整形外科などでしょう。

では、上記の接骨院、整骨院、カイロプラクティック、整体院、整形外科などには、それぞれ何か違いはあるのでしょうか。あるとしたら、どのような違いがあるのかも気になるところです。

実際、上記の院は、それぞれ全く異なります。そもそもの成り立ちも違いますし、適応症状も異なるので、症状によってどこにかかるかも検討しないといけません。
そこで、今回は、知っているようで日頃あまり意識されていない、「接骨院、整骨院、整体院、カイロプラクティック・整形外科の特徴と違い」について解説します。

整骨院や整体院の売上を適法にアップさせる方法を有料レポートにまとめました。参考にして下さい。

接骨院・整骨院とは

まず、接骨院・整骨院とは一体どのような場所なのでしょうか。
前提として、接骨院と整骨院には、違いはありません。ネット上には「接骨院と整骨院は違う」などと書かれている記事が見られますが、間違いです。接骨院と整骨院は同じものです。

そして、接骨院・整骨院とは、「柔道整復師が柔道整復術を施術する施術所」のことです。
接骨院・整骨院には、この「柔道整復師が」というところに、大きな特徴があります。

整体院・カイロプラクティックとは

整体
次に、整体院・カイロプラクティックについて見てみましょう。
整体院は、その名の通り「整体」を行うところですが、この「整体」には、かなり広い意味合いがあります。

「整体」は、日本では、手技を用いた代替医療・民間医療全般を指します。

具体的には、脊椎や骨盤、肩甲骨、手足などの骨格や関節、骨格筋の歪みなどを、手技や補助器具を用いて矯正したり調整したりする施術を指すことが多いです。

よって、整体院とは、上記のような手技を用いた施術が行われる施術所を指します。

カイロプラクティックは、主に脊椎に関する指圧療法のことで、日本では上記の整体の一種という位置づけです。

ただ、実際には整体とカイロプラクティックについて厳密に区別されずに使われていることも多いです。

整形外科とは

最後に、整形外科を見てみましょう。整形外科とは、医師が医療として、人の背骨・手足などの骨、関節、筋肉、脊髄、神経などの病気、外傷などを治療する医院です。
このように、整形外科は、医療の一部門であり、「医師が医療として施術する」というところに大きな特徴があります。

それぞれの違い

young asian doctor on blue background
では、上記の接骨院・整骨院と整体院・カイロプラクティック、さらには整形外科について、それぞれどのように違うのかを見てみましょう。

まず、接骨院・整骨院は、上記のとおり「柔道整復師が」施術を行う場所です。
この柔道整復師は、国家資格であり、国によって正式に「柔道整復術を習得している」と認められた人たちです。

また、このように国家資格を持つ柔道整復師には、保険を利用した施術をすることも認められています。

よって、接骨院・整骨院は、同じ痛みを治療する施術所の中でも「国家資格を持った柔道整復師が」「必要に応じて健康保険を使って施術してくれる」場所だと言えます。

これに対し、整体院・カイロプラクティックの場合は、施術者には何の資格もありません。当然、健康保険を利用することも出来ません

施術者のレベルもさまざまで、中には、素人に近い人が施術しており、かえって症状が悪化するなどといったケースも見受けられるようです。

ただ、整体やカイロプラクティックで症状が改善することももちろんありますので、一概に良いとも悪いとも言えません。このように、これらを受診する際には自己判断が大切になります。

このように、整体院やカイロプラクティックは「資格のない人がその人の手腕によって民間療法を施す」場所だと言えるでしょう。

最後に整形外科は、上記の項目でも述べたとおり、医師が医術として体の不調を改善してくれる医院です。当然健康保険を用いることも出来ますし、医師が医療として施術する以上、治療できる範囲も非常に広いです。

このように、整形外科は「医師が」「医術を用いて」というところが他の2つの機関と根本的に異なります。

治療内容による違い

ナースとドクター
では、この接骨院・整骨院と整体院・カイロプラクティック、整形外科において、治療内容にはどのような違いがあるのでしょうか。

まず、接骨院・整骨院での治療対象は、比較的急性の力によって発生した怪我への対処に向いています。
具体的には、足首の捻挫や骨折・肩や肘の脱臼のような怪我であったり、ぎっくり腰や寝違えなど、首や腰に痛みに対する施術が得意分野です。

交通事故で言うと、事故発生後4週間目くらいまで(場合によってはそれ以降も)の治療に向いています。

次に、整形外科は、その治療の特徴として、医師が医術として治療を行うのですから、レントゲン検査を用いた治療をすることができます。
さらに、医師ですから必要があれば手術もできますし、投薬も可能です。これらはすべて、柔道整復師には認められていないものです。

このような整形外科は、即時対応を要する症状の治療に向いています。
ぎっくり腰や椎間板ヘルニアになってしまって、動くことすら困難になってしまっている場合や、関節の痛みなどがあって、レントゲン検査を受けたい場合、さらには骨折の可能性のある打撲や打ち身をした場合など、即時の処置が必要であったり、レントゲン・手術などの治療行為が必要な場合に向いています。

交通事故で言うと、事故直後の対応は整形外科にて診察を受けて対応してもらうべきと言えます。

最後に整体院・カイロプラクティックの治療内容について見てみましょう。
上記のとおり、整体院での施術の範疇は比較的広いのですが、一様に言えることは、緩やかな症状改善に向いているということです。

具体的には、脊椎や骨盤、肩甲骨、手足の関節について、骨格や骨格筋の歪みを整えて日々の不調を改善していくイメージです。

よって、整体やカイロプラクティックは急性の症状ではなく、肩こりや腰痛、坐骨神経痛や手足のしびれの改善などの目的に向いています。たとえば、交通事故で言うと、事故から1ヶ月以上経ってからの、慢性期に入ってからの治療に向いていると言えます。

まとめ

以上、接骨院・整骨院と整体院・カイロプラクティック、さらには整形外科の特徴と違いについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

同じ痛みの治療のための機関であっても、その性質や治療内容は全く違います。

接骨院・整骨院は柔道整復師が施術する、比較的急性の痛みにも対応できる施術所であり、整形外科は医師が対応する、急性の痛みに対応できる医院であり、整体院・カイロプラクティックは無資格の人が施術する、比較的緩やかな痛みに対応してくれる施術所と言えます。

体の痛みがあって、これらの院を受診する際には、それぞれの特徴をよく知った上で、適切な機関を選択する必要があります。

創業4年で売上を1億⇒30億へ急増させた通販企業の秘密

薬事法ドットコムでは、多数の成功事例があります。
・やずや様・・・売上30億⇒470億
・サニーヘルス様・・・売上70億⇒500億
・新日本製薬様・・・売上30億⇒200億
・美容液I様・・・創業4年で売上30億
など
このような急成長を遂げた通販企業の秘密を知りたくありませんか?
無料メルマガでは、そのような成功企業の秘密を公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です