ビフィックスヨーグルトの効能効果は便秘解消?食べる量

グリコのビフィックスヨーグルトは人気の商品なので、インターネット上でもたくさんの口コミが書かれていますよね。

ビフィックスヨーグルトについて臨床試験内容なども踏まえて、詳しく説明します。

グリコのBifix(ビフィックス)とは?特徴は?

江崎グリコから発売されているBifix(ビフィックス)ヨーグルトシリーズ。味や形態も様々な種類が販売されています。

ヨーグルトのBifixシリーズは、グリコが開発したビフィズス菌Bifix(正式名称:Bifidobacterium animalis ssp. lactis GCL2505)が含まれた商品のことです。

ビフィズス菌は、善玉菌の一種です。

グリコの公式サイトによると、Bifixの特長は、胃酸に負けずにおなかで増えることとされています。

ビフィックスヨーグルトの効能効果は?便秘解消?

ビフィックスヨーグルトは、機能性表示食品として届出が出されており、そこで効能効果についても触れられています。

機能性表示食品では、臨床試験の研究レビューを行う必要があり、効果について検証がなされています。

機能性表示食品は商品毎に届出を行う必要があるため、たくさんのビフィックス商品が出ていますが、だいたい同じような内容です。

ここでは、1つの商品を例に挙げて、どんな効能効果が書かれているか確認します。

商品名・・・Bifix(ビフィックス)ヨーグルトほんのり甘い脂肪ゼロ
届出番号・・・B612
機能性関与成分・・・ビフィズス菌BifiX(B.lactis GCL2505)

表示しようとする機能性

本品にはビフィズス菌BifiX(B. lactis GCL2505)が含まれます。ビフィズス菌BifiXは生きて腸まで届き、増殖することで、腸内環境を改善し、便通・お通じを改善することが報告されています。ビフィズス菌を補給して、おなかの調子をすっきり整えたい方に適した食品です。

研究レビューの内容

◯レビュー対象とした研究の特性
2016年5月30日に、それまでに公表された論文を対象とし、ビフィズス菌BifiXを含む食品を摂取した場合の腸内環境および便通の改善を評価している研究について調査した。健康な日本人(成人、性別は不問)を対象とし、無作為化コントロール比較試験(RCT)及びこれに準じる研究を収集した結果、3報が該当した。これらはいずれも届出会社が関与したものであった。

◯主な結果
該当した3報の研究は、いずれもビフィズス菌BifiXを含む食品を摂取すると腸内環境の改善効果(腸内ビフィズス菌数の増加)および便通改善効果(排便の増加)が見られることが報告されていた。

つまり、腸内環境改善や便秘改善について効果があると述べられています。

腸内環境が悪くなると、便秘や下痢になるため、腸内環境を良くすることはいいことですが、ここでは、下痢に効果があると書かれていないことには注意が必要です。

また、おならについても明記はされていません。腸内環境への影響によっておならにも変化が起こる可能性はあります。

Bifixの機能性表示食品の届出情報を詳しく見たい人は、以下に記載していますので、ご確認ください。
BifiX(ビフィックス)ヨーグルトほんのり甘い脂肪ゼロ(B612)
BifiX(ビフィックス)ヨーグルトほんのり甘い加糖(B613)

ビフィックスの1日の食べる量は?

1日の食べる量については、摂取目安量が設けられています。

1日の摂取目安量は、100g。

そのため、「Bifixヨーグルトほんのり甘い脂肪ゼロ(375g)」を一気に1日で食べると食べ過ぎと言えます。

ビフィックスは食べやすく一気に一箱食べてしまう人も多いかもしれませんが、メーカーの摂取目安量はあくまで100gなので、注意してください。

BifiXヨーグルトの栄養成分とカロリー

BifiXヨーグルトほんのり甘い脂肪ゼロ375gの栄養成分をここでは、代表として記載します。

<100g当たり>
エネルギー 42kcal
たんぱく質 3.6g
脂質 0g
炭水化物 7.7g(糖質 5.9g、食物繊維 1.8g)
食塩相当量 0.11g
カルシウム 113mg

100gあたり42キロカロリーなので、カロリーは比較的低いと言えます。

BifiXヨーグルトの原材料

BifiXヨーグルトほんのり甘い脂肪ゼロ375gの原材料をここでは、代表として記載します。

<原材料>
乳製品、食物繊維(イヌリン)、水あめ、ゼラチン、寒天、酵母エキス/香料、増粘剤(キサンタンガム)、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、(一部に乳成分・ゼラチンを含む)

ビフィックスは太る?ダイエットでやせた?

ビフィックスは腸内環境改善や便秘改善に良い食品ですが、食べすぎると太る可能性があります。なぜならカロリーはゼロではないからです。

どんなに低カロリーであっても食べ過ぎれば、カロリーをたくさん摂取することになります。

ダイエットでビフィックスを食べる場合に、ビフィックスの代わりにそれまで食べていた高カロリーなものを置き換えるのであれば、痩せることができます。

ダイエットでやせられるかどうかは、ビフィックスを食べたかどうかというより、適切な運動や全体のカロリーコントロールが影響します。

ビフィックスの食べ過ぎは害がある?危険?

ビフィックスを食べ過ぎた場合に危険なのかについてですが、機能性表示食品の届出の際に、注意点が書かれています。

「本品は多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。」

商品の安全性についても検証され、以下のように記載がされています。

機能性関与成分であるビフィズス菌 BifiX(B. lactis GCL2505)を同程度含む類似食品は、2008年10月に発売以来、重篤な健康被害は発生していない。2015年3月時点で類似食品を含む製品の販売実績数量はおよそ3億2千万個、総喫食数はおよそ11億5千万食(※)であり、このような食経験をもとに評価を行い、安全性に問題が無いことを確認している。

多少食べ過ぎたくらいでは、健康被害はないと言えるでしょう。

まとめ

色々な口コミや商品レビューがありますが、ビフィックスの内容について臨床試験なども踏まえた結果として言えるのは、今回の記事にまとめた内容になります。

それ以上の内容について書かれている場合は、本当なのかどうかメーカーが公式に出している内容や臨床試験などを参考にしてください。

創業4年で売上を1億⇒30億へ急増させた通販企業の秘密

薬事法ドットコムでは、多数の成功事例があります。
・やずや様・・・売上30億⇒470億
・サニーヘルス様・・・売上70億⇒500億
・新日本製薬様・・・売上30億⇒200億
・美容液I様・・・創業4年で売上30億
など
このような急成長を遂げた通販企業の秘密を知りたくありませんか?
無料メルマガでは、そのような成功企業の秘密を公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です