整体関連資格の種類4つと違いは?仕事内容と取得方法・費用まで徹底解説

慢性的に腰が痛い、体のゆがみが気になるなどの場合、近所の整体に行って施術を受けるという方は結構いるのではないでしょうか?

結構身近な存在の整体ですが、実は様々な資格があり、それぞれの内容にも違いがあります。

また整体とは異なる資格に柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師などがありますが、これらは養成学校で学んだうえで、国家試験に合格して資格を取得する必要があります。これらの国家資格に関しては、治療内容や「整体」・「整骨」といった名称の類似においても度々「整体」と誤認されることがありますので、注意が必要です。

それぞれの仕事の内容と取得方法、費用などについてご紹介します。

整体の資格の種類4つと違い

整体とは、全身の骨格を矯正することによって体のバランスを整え、それによる血行促進やリンパの流れの改善、筋肉の緊張の緩和を目指した、体の痛みや不快症状を緩和させる施術を行います。
体のバランスを整えるために始まった「整体」ですが、現在では、体質改善のための整体や美容のための整体などが広く行われています。

整体の資格は民間の認定資格ですが、柔道整復師やあんまマッサージ指圧師、鍼灸師は国家資格となります。整体師としては資格がなくとも知識と技術があれば仕事はできますが、資格を取得することは、施術を受ける人からの信頼を得やすく、転職や開業の際にも利点となります。

民間の認定資格については、各協会がそれぞれに資格を認定しており、さまざまな認定資格があります。また国家資格は、法律に基づいて国が実施する資格試験のことを言い、これもまた様々な職種があります。その中のいくつかをピックアップして、整体とその他の医療従事者のお仕事に関する資格の種類とそれぞれの違いについてご紹介します。

①スポーツ整体師

スポーツ整体師(NPO法人 日本セラピスト認定協会)。スポーツ整体は、スポーツにより生じる痛みや体のゆがみ、癖などを改善しますが、その一番の目的は施術によるケガの予防です。アスリートの体のメンテナンスを担当したりします。そのため、一般的な体についての専門知識の他に、運動学やスポーツによって痛めやすい筋肉や骨、関節などの知識や痛みを改善する技術を学ぶ必要があります。

スポーツ整体師は、国家資格ではなく、民間の資格になります。

②整体セラピスト(NPO法人 日本セラピスト認定協会)

整体セラピスト(NPO法人 日本セラピスト認定協会)。整体セラピストとは、体の痛みやゆがみを改善し、自律神経を整えて自然治癒力を高める施術が行え、同時に心の状態からも症状にアプローチしケアが行える施術者をいいます。

整体セラピストは、NPO法人 日本セラピスト認定協会による民間の資格です。

③リラクゼーションセラピスト

リラクゼーションセラピスト(NPO法人日本セラピスト認定協会、IHTA一般社団法人国際ホリスティックセラピー協会、一般社団法人日本リラクゼーション業協会)。リラクゼーションセラピストは、リンパドレナージュやヘッドマッサージ、ストーンマッサージなどさまざまな技術を用い、さらに、オイルによる心のリラックスを促す、体と心を癒す施術を行います。

リラクゼーションセラピストは、NPO法人日本セラピスト認定協会やIHTA一般社団法人国際ホリスティックセラピー協会、一般社団法人日本リラクゼーション業協会などによる民間の資格です。

④整体ボディケアセラピスト資格

整体ボディケアセラピスト資格(JADP一般財団法人日本能力開発推進協会)。整体ボディケアセラピストは、感覚や運動神経の仕組みや骨格の構造などの専門知識があり、症状別の施術技術を持つことを証明する資格です。

整体ボディケアセラピストは、JADP一般財団法人日本能力開発推進協会が認定する民間の資格です。

整体とは異なる資格の種類3つと違い

⑤柔道整復師

柔道整復師は、専門の学校や大学で3年以上学び、国家試験に合格して与えられる国家資格で、柔道の型を元に西洋医学を取り入れ発展した治療法です。スポーツや事故などによるケガ(骨折や脱臼、打撲、捻挫、挫傷など)を手術を行わず、手技で治療を行い、人間が持つ自然治癒力によって回復を促します。

「接骨院」「整骨院」「ほねつぎ」の名称で開業することができます。

⑥あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師は、専門の学校などで3年以上学び、知識や技術を習得し、国家試験に合格して与えられる国家資格です。

筋肉へのアプローチによって血行やリンパの流れの改善を目的とし、筋肉の痛みだけでなく頭痛などの症状をあん摩やマッサージ、指圧によって改善します。施術所を開いたり、介護施設や病院などで活躍しています。

⑦鍼灸師

はり師、きゅう師は別々の資格ですが、両方の資格を有する人が多いため、鍼灸師と呼ばれます。鍼灸師は、鍼や灸を用いてツボを刺激し、自然治癒力を高めて病気の改善や予防を目指します。

鍼灸師もはり師、きゅう師の養成課程のある専門学校や大学などで知識と技術を習得し、国家試験に合格することで与えられる国家資格です。

整体4種類の仕事内容と取得方法・費用

それぞれの整体の資格、またその他の医療従事者の資格について、仕事内容や取得方法、その費用についてさらに詳細にご紹介していきます。

①スポーツ整体師の仕事内容・取得方法・取得費用

<仕事内容>
スポーツ整体師は、スポーツを毎日行うアスリートの体のメンテナンスを行う職業です。各スポーツにおいて痛めやすい筋肉や骨格について熟知し、アスリートの疲労回復、骨格のゆがみや癖の矯正など、ケガを防ぐ体つくりをします。

<取得方法>
スポーツ整体師の資格は、国家資格はなく民間の認定資格です。NPO法人日本セラピスト認定協会などによるスポーツトレーナー認定資格があります。

院責任者の管理指導ができる修士免許、スポーツ選手の施術やスポーツ施設でのスタッフ指導、管理ができる1級免許、パーソナルトレーナーができる2級免許、スポーツクラブなどでスポーツトレーナーができる3級免許があります。認定級により受験資格が異なります。

1年以上のトレーニング指導や施術経験がある場合、あるいは、それに準じる専門学校や体育学部を卒業した時点で3級免許の受験資格があります。

<取得費用>
スポーツ整体師資格(スポーツトレーナー検定)を取得するために専門学校に通う場合は、1年のコースで、約70万~100万円かかります。

スポーツトレーナー検定の検定料は、級により異なりますが、3級で12,000円、免許登録に10,000円、施術保険料込みの免許登録年会費が毎年12,000円必要となります。

通信教育で学ぶ場合は、講座数にもよりますが約4万~10万円で学ぶことができます。ただし、施術方法を習得するにはDVDの映像を見て習得というのはなかなか難しい部分があるかもしれません。通信教育は、お店で働きながら資格取得を目指す人に向いていますね。

②整体セラピストの仕事内容・取得方法・取得費用

<仕事内容>
体の筋緊張によるゆがみや痛みを緩和する施術を行うと同時に、精神的なストレスによる筋緊張をほぐすためにメンタル面のケアも行います。

<取得方法>
NPO法人日本セラピスト認定協会などによる整体セラピスト認定資格があります。
院責任者の管理指導ができる修士免許、店舗運営やスタッフ指導、管理ができる1級免許、五十肩や坐骨神経痛などの慢性症状や痛みの状態を判別して施術できる2級免許、リラクゼーションや肩こり、腰痛などの症状を判別し施術できる3級免許、さらに、認定スクールの受講生限定で4級、5級のスクール認定があります。認定級により受験資格が異なります。

整体セラピストの認定資格の受験資格を得るには、整体・カイロの学校、医療の専門学校、専修学校を卒業する必要があります。

<取得費用>
整体セラピスト資格を取得するために専門学校に通う場合は、学校や受講機関により異なってきますが、6ヶ月~1年のコースで約50万~100万円かかります。

整体セラピスト検定の検定料は、級により異なりますが、3級で12,000円、その他、免許登録に10,000円、施術保険料込みの免許登録年会費が毎年12,000円必要となります。

お店で働きながら通信教育で学ぶこともできます。通信教育で学ぶ場合は、講座数にもよりますが約4万~10万円で学ぶことができます。

③リラクゼーションセラピストの仕事内容・取得方法・取得費用

<仕事内容>
リラクゼーションセラピストは、体をさする、ゆらすなど心地よい刺激を与えて疲労を取り除く施術を行います。各種のリラクゼーションが受けられるサロンと呼ばれるお店で活躍できます。

<取得方法>
NPO法人日本セラピスト認定協会や一般社団法人国際ホリスティックセラピー協会、一般社団法人日本リラクゼーション業協会などがそれぞれの基準で資格認定をしています。それぞれの協会の認定校や指定校で必要な知識や手技を学び、受験資格を得ることができます。

たとえば、日本セラピスト認定協会では、院責任者の管理指導ができる修士免許、協会認定サロンの運営やスタッフ指導、管理ができる1級免許、責任を持ちカウンセリングから施術までできる2級免許、リラクゼーションセラピストとして施術できる3級免許、さらに、認定スクールの受講生限定で4級、5級のスクール認定があります。認定級により受験資格が異なります。

<取得費用>
リラクゼーションセラピスト資格を取得するために専門学校に通う場合は、学校により3ヶ月~1年と受講期間が異なり、受講料も異なってきますが、4ヶ月~6ヶ月のコースで、約50万くらい必要になります。

日本セラピスト認定協会の場合、リラクゼーションセラピスト検定の検定料が、級により異なりますが、3級で12,000円、その他、免許登録に10,000円、施術保険料込みの免許登録年会費が毎年12,000円必要となります。

お店で働きながら通信教育で学ぶこともできます。通信教育で学ぶ場合は、講座数にもよりますが約4万~10万円で学ぶことができます。

④整体ボディケアセラピスト資格の仕事内容・取得方法・取得費用

<仕事内容>
整体ボディケアセラピストは、整体治療院や整体サロンなどで症状に合わせて施術し、体の矯正やリハビリを行います。

<取得方法>
一般財団法人日本能力開発推進協会が指定する認定教育機関のカリキュラムを全て終了し、資格試験に合格することで取得できます。試験は、随時在宅にて受験可能です。

<取得費用>
通信教育で学ぶことができ、学費は約4万~5万円くらいです。
日本能力開発推進協会の受験料が5,600円必要です。

整体とは異なる3種類の仕事内容と取得方法・費用

⑤柔道整復師の仕事内容・取得方法・取得費用

<仕事内容>
柔道整復師のお仕事は、スポーツや事故などによる骨折や脱臼、打撲、挫傷、捻挫などを外科的な手術や薬などを使用せずに手技によって人間の持つ自然治癒力を高め回復に導き、またケガの後の早い復帰を目指したリハビリも行います。治療方法には、手技療法、運動療法、物理療法、冷罨法・温罨法などがあり、これらを保存療法と言います。

・手技療法:手や手のひらを用いて体に刺激を与えて、自然治癒力を引き出し回復を促します。
・運動療法:積極的に運動を取り入れ、機能回復を促します。
・物理療法:物理的エネルギー(空気や光、水、電気、音波、熱、冷却など)を用いて、機能の回復を促します。
・冷罨法・温罨法:局所を冷やしたり温めることで回復を促します。

柔道整復師は、整骨院や接骨院など施術所を独立開業することもできますし、スポーツトレーナーや社会福祉施設、医療機関などでのリハビリテーション、在宅ケア、介護予防の面で活躍することができます。

<取得方法>
専門校や大学で知識や技術を学び、国家試験に合格することで、柔道整復師の資格を取得することができます。

柔道整復師の資格を取得するには、国家試験の受験資格を得るために3年以上専門の認定校で知識や技術を学びます。柔道整復は柔道が起源となっているため、「柔道」について学ぶ授業も行われます。

<取得費用>
柔道整復師になるために学ぶ学校には、3年制の専門学校と4年制の大学があります。
柔道整復師の専門学校の学費は3年間で約300万~400万円といわれ、4年制の大学の場合は、専門学校よりも約100万~150万円高くなることが多いようです。

学費以外にも教科書代や白衣代、器材代などが実費負担となります。また、柔道整復師国家試験の受験手数料が16,500円必要です。

⑥あん摩マッサージ指圧師の仕事内容・取得方法・取得費用

<仕事内容>
あん摩マッサージ指圧師のお仕事は、押す、揉む、なでる、さするなどの手技で東洋医学に基づいた施術により、血行を良くし、筋肉の緊張や痛みを和らげ体の不調を整えます。

あん摩マッサージ指圧師は、治療院を開業することもできますし、スポーツトレーナーとしてや医療機関や介護施設でのリハビリテーション、在宅ケアなどで活躍することができます。

<取得方法>
あん摩マッサージ指圧師の資格を取得するための専門の認定校(専門学校や大学)で3年以上知識や技術を学び、国家試験に合格することで、国家資格を取得ことができます。

あん摩マッサージ指圧師になるための学校には3年制の専門学校と4年制の大学がありますが、その数はとても少なく、全国に20校ほどといわれます。大学は、筑波技術大学で視覚障害のある人だけが入学可能であるため、多くは専門学校に通い資格取得を目指すことになります。あん摩マッサージ指圧師の資格取得は狭き門になっています。

<取得費用>
あん摩マッサージ指圧師を目指す専門学校の学費は、3年間で約400万~500万円かかります。その他、教科書代や白衣代などに約10万~30万円が実費負担となります。あん摩マッサージ指圧師の国家試験の受験手数料が11,600円必要です。

⑦鍼灸師の仕事内容・取得方法・取得費用

<仕事内容>
鍼灸師とは、「はり師」「きゅう師」の国家資格を有する人をいいます。
「はり師」は鍼(はり)で体のツボを刺激し、体の持つ自然治癒力を高めて症状を和らげます。
「きゅう師」は灸(きゅう)を用いて体のツボを刺激し、体の持つ自然治癒力を高めて症状を和らげます。灸とは、もぐさを燃焼させ、その温熱効果でツボを刺激します。

鍼灸師は、自ら鍼灸の施術所を開業したり、鍼灸治療院や医療機関のリハビリテーション、スポーツトレーナーとして働くなど活躍の場があります。

<取得方法>
専門の学校や大学で知識や技術を学び、国家試験に合格することで、鍼灸師(はり師、きゅう師)の国家資格を取得することができます。鍼灸師の資格を取得するには、国家試験の受験資格を得るために3年以上専門の認定校で知識や技術を学びます。

<取得費用>
鍼灸師を目指す専門学校の学費は、学校により異なりますが専門学校(3年間)で約400万~500万円かかります。大学の場合は4年間となりますので、1年分学費も高くなります。

その他、教科書代や白衣代、鍼灸道具代などが実費でかかってきます。鍼灸師国家試験の受験手数料として11,600円が必要となります。

まとめ

整体師の資格の多くは民間の認定資格ですが、痛みやゆがみを改善するだけでなく、美容のための整体や心のケアも同時に行う整体などさまざまです。

現時点では、整体師として働くことに特に資格は必須ではありませんが、資格を取得することで自身の知識や施術が認定され、仕事の幅が広がります。

創業4年で売上を1億⇒30億へ急増させた通販企業の秘密

薬事法ドットコムでは、多数の成功事例があります。
・やずや様・・・売上30億⇒470億
・サニーヘルス様・・・売上70億⇒500億
・新日本製薬様・・・売上30億⇒200億
・美容液I様・・・創業4年で売上30億
など
このような急成長を遂げた通販企業の秘密を知りたくありませんか?
無料メルマガでは、そのような成功企業の秘密を公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です