薬機法でアンチエイジング・エイジングケアは使える?言い換えは?

薬機法では、化粧品や健康食品の効果効能として使える言葉・使えない言葉があります。高齢化が進み、高齢者が増える中では、アンチエイジングやエイジングケアというキーワードは何とかして使いたいものですよね。

そもそも、キーワードとして使えるのか、どんな表現なら使っていいのか、詳しく解説します。

アンチエイジング・エイジングケアという言葉の意味とは?

「アンチエイジング」とは、英語で「anti-aging」。つまり、アンチエイジングとは「抗老化」「抗加齢」を意味する言葉です。

それに対して「エイジングケア」は、「老化をケアする」「年齢に応じたお手入れをする」という意味になります。

また、エイジングケアは、化粧品等の適正広告ガイドラインで、以下のように定義されています。

「エイジングケアとは、加齢によって変化している現在の肌状態に応じて、化粧品等に認め られた効能・効果の範囲内で行う、年齢に応じた化粧品等によるお手入れ(ケア)のことである。」

アンチエイジング・エイジングケアは広告表現で使える?

アンチエイジングという言葉は、医薬品的効果効能を示す言葉であるとされており、化粧品や健康食品でこの言葉を使うことは薬機法違反でNGです。

それに対して、エイジングケアは、適切な使い方であれば、広告表現で使えます。ただ、アンチエイジング的な意味合いで使う場合は、NGなので、前後の文脈やイメージデザインなどにも注意が必要です。

アンチエイジングの言い換え表現例

そもそも、アンチエイジングという言葉や意味合いのものを使うことはできません。

そのため、言い換えたとしてもNG表現となります。

エイジングケアのOK・NG表現具体例

どんな表現が認められて、どんな表現が認められないのかは、化粧品等の適正広告ガイドラインに詳しく書かれていますので、紹介します。

認められるOK表現

・年を重ねた肌にうるおいを与えるエイジングケア
・年を重ねた肌にうるおいを与える成分○○を配合したエイジングケア
・年を重ねた貴方の肌に今必要なもの、それはすこやかな肌のためのうるおいエイジングケア
・美しく齢を重ねるために大切なこと、それはうるおいに満ちた肌のエイジングケア

認められないNG表現

✕:若返り効果に関する表現

・あきらめないで下さい。エイジングケアで若さは再び戻ります
・若々しい素肌がよみがえるエイジングケア
・小じわ、深いしわ、時間が戻るエイジングケア
・老化を招く原因のひとつ、活性酸素を取り除いて、若々しい素肌へ導くエイジングケア
・こんな方にオススメのエイジングケア……シワ、たるみが目立ち、老けてみられる

✕:加齢による老化防止効果に関する表現

・肌の老化を防ぐエイジングケア
・アンチエイジングケア
・エイジングケアで加齢に待った
・肌の老化対策エイジングケアとして開発された
・エイジングケアの大自然のパワーが肌老化を解決
・肌を「守り」「育む」老化対策のためのエイジングケア

✕:加齢によるシワ

・たるみの防止、改善に関する表現
・シワ専用美容液、シワを直す、シワを取り去るエイジングケア
・皮膚の老化メカニズムに着目した、シワ対策のエイジングケア薬用美容液
・シワやたるみを防ぐエイジングケア
・シワを改善するエイジングケア
・○○エイジングケアは加齢によるお肌の衰えにやさしくダイレクトに働きかけます
・シワ専用エイジングケアナイトクリーム
・エイジングケアで目覚めればシワ、タルミすっきり!
・シワの原因は真皮の劣化です。真皮の劣化はエイジングケアで改善できます
・エイジングケアで目もとのしみ、しわ、たるみに速やかに対処
・肌細胞に直接働いてシミ、しわ、たるみにエイジングケア

✕:配合成分、作用機序の説明で老化防止を標ぼうした表現

・肌の老化と戦う抗酸化成分○○を配合、○○エイジングケア。
・肌の老化防止に役立ち、特にコラーゲンの生成能力を高める○○○成分によるエイジングケア
・シワの生成原因となるたんぱく質の量をコントロールするエイジングケア有効成分○○

✕:肌質改善し、老化防止を標ぼうする表現

・エイジングケアで衰えに負けない肌をつくる
・エイジングケアでシワを消すと同時に、シワのでき難い肌にする相乗効果
・素肌の力を若返らせて、肌の老化を防ぐエイジングケア

✕:「エイジングケア」を個別の具体的な効能・効果、又は作用であるかの様に標ぼうした表現

・肌のハリ、エイジングケア、保湿のために
・エイジングケア成分を配合しました

化粧品で認められる効果効能の範囲

念のため、化粧品で認められる効果効能の範囲も正確に知っておきましょう。これについては、どんな効果効能の表現なら可能なのかが、明確に定められています。

以下の56個が認められる表現です。

(1) 頭皮、毛髪を清浄にする。
(2) 香りにより毛髪、頭皮の不快臭を抑える。
(3) 頭皮、毛髪をすこやかに保つ。
(4) 毛髪にはり、こしを与える。
(5) 頭皮、毛髪にうるおいを与える。
(6) 頭皮、毛髪のうるおいを保つ。
(7) 毛髪をしなやかにする。
(8) クシどおりをよくする。
(9) 毛髪のつやを保つ。
(10)毛髪につやを与える。
(11)フケ、カユミがとれる。
(12)フケ、カユミを抑える。
(13)毛髪の水分、油分を補い保つ。
(14)裂毛、切毛、枝毛を防ぐ。
(15)髪型を整え、保持する。
(16)毛髪の帯電を防止する。
(17)(汚れをおとすことにより)皮膚を清浄にする。
(18)(洗浄により)ニキビ、アセモを防ぐ(洗顔料)。
(19)肌を整える。
(20)肌のキメを整える。
(21)皮膚をすこやかに保つ。
(22)肌荒れを防ぐ。
(23)肌をひきしめる。
(24)皮膚にうるおいを与える。
(25)皮膚の水分、油分を補い保つ。
(26)皮膚の柔軟性を保つ。
(27)皮膚を保護する。
(28)皮膚の乾燥を防ぐ。
(29)肌を柔らげる。
(30)肌にはりを与える。
(31)肌にツヤを与える。
(32)肌を滑らかにする。
(33)ひげを剃りやすくする。
(34)ひげそり後の肌を整える。
(35)あせもを防ぐ(打粉)。
(36)日やけを防ぐ。
(37)日やけによるシミ、ソバカスを防ぐ。
(38)芳香を与える。
(39)爪を保護する。
(40)爪をすこやかに保つ。
(41)爪にうるおいを与える。
(42)口唇の荒れを防ぐ。
(43)口唇のキメを整える。
(44)口唇にうるおいを与える。
(45)口唇をすこやかにする。
(46)口唇を保護する。 口唇の乾燥を防ぐ。
(47)口唇の乾燥によるカサツキを防ぐ。
(48)口唇を滑らかにする。
(49)ムシ歯を防ぐ(※)。
(50)歯を白くする(※)。
(51)歯垢を除去する(※)。
(52)口中を浄化する(歯みがき類)。
(53)口臭を防ぐ(歯みがき類)。
(54)歯のやにを取る(※)。
(55)歯石の沈着を防ぐ(※)。
(56)乾燥による小ジワを目立たなくする。
(※使用時にブラッシングを行う歯みがき類)

薬用化粧品で認められる効果効能の範囲

薬用化粧品は、薬機法では「医薬部外品」に当たります。そして、薬用化粧品の効果効能の範囲も、化粧品と同様に明確に定められています。

以下のとおりです。

種類効能・効果
1. シャンプーふけ・かゆみを防ぐ。
毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ。
毛髪・頭皮を清浄にする。
毛髪・頭皮をすこやかに保つ。
毛髪をしなやかにする。
2. リンスふけ・かゆみを防ぐ。
毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ。
毛髪の水分・脂肪を補い保つ。
裂毛・切毛・枝毛を防ぐ。
毛髪・頭皮をすこやかに保つ。
毛髪をしなやかにする。
3. 化粧水肌あれ・あれ性。
あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ。
油性肌。
かみそりまけを防ぐ。
日やけによるしみ・そばかすを防ぐ。
日やけ・雪やけ後のほてり。
肌をひきしめる。肌を清浄にする。肌を整える。
皮膚をすこやかに保つ。
皮膚にうるおいを与える。
4. クリーム、乳液、ハンドクリーム 、化粧用油肌あれ・あれ性。
あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ。
油性肌。
かみそりまけを防ぐ。
日やけによるしみ・そばかすを防ぐ。
日やけ・雪やけ後のほてり。
肌をひきしめる。肌を清浄にする。肌を整える。
皮膚をすこやかに保つ。 皮膚にうるおいを与える。
皮膚を保護する。皮膚の乾燥を防ぐ。
5. ひげそり用剤かみそりまけを防ぐ。
皮膚を保護し、ひげをそりやすくする。
6. 日やけ止め剤日やけ・雪やけによる肌あれを防ぐ。
日やけ・雪やけを防ぐ。
日やけによるしみ・そばかすを防ぐ。
皮膚を保護する。
7. パック肌あれ。あれ性。
にきびを防ぐ。
油性肌。
日やけによるしみ・そばかすを防ぐ。
日やけ・雪やけ後のほてり。
肌をなめらかにする。
皮膚を清浄にする。
8. 薬用石鹸(洗顔料を含む)<殺菌剤主剤のもの>
(消炎剤主剤をあわせて配合するものを含む)
皮膚の清浄・殺菌・消毒。
体臭・汗臭及びにきびを防ぐ。
<消炎剤主剤のもの>
皮膚の清浄、にきび・かみそりまけ及び肌あれを防ぐ。

まとめ

アンチエイジングやエイジングケアという言葉の使い方に注意して、広告を行っていきましょう。

広告表現チェックや、アドバイスがほしいという方は、多数の健康美容企業を売上アップに導いている薬事法ドットコムにご相談ください。法律の変更や行政の動き、最近の業界動向などもいち早く把握していますので、最新の状況に応じてアドバイスができます。

化粧品の相談は、こちらのページからです。

健康食品の相談は、こちらのページです。

創業4年で売上を1億⇒30億へ急増させた通販企業の秘密

薬事法ドットコムでは、多数の成功事例があります。
・やずや様・・・売上30億⇒470億
・サニーヘルス様・・・売上70億⇒500億
・新日本製薬様・・・売上30億⇒200億
・美容液I様・・・創業4年で売上30億
など
このような急成長を遂げた通販企業の秘密を知りたくありませんか?
無料メルマガでは、そのような成功企業の秘密を公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です