メルカリでサプリメント出品禁止?転売は?偽物疑惑?

メルカリは、非常にユーザー数の多い人気のフリマアプリです。使わなくなったものや、自分には合わなかったものなどを、スマホで手軽に出品できるので、膨大な数の商品が出品されています。

ただ、出品できる物品や転売などについては、いくつかルールが設けられています。

この記事では、メルカリでサプリメントを出品する際の規制について、分かりやすく解説します。

無料PDFプレゼント「薬機法のOK/NG表現がわかる148の具体例集」

メルカリでサプリメントは出品禁止?

メルカリでサプリメントを出品することは可能です。ただし、サプリメントを出品する際は、必ず「消費期限(賞味期限)」「食品表示」の画像を載せる必要があります。

さらに、
・医薬品に該当する成分が含まれたもの
・海外並行輸入品
・医薬品的効能効果を標榜するもの
・人体に危険を及ぼす可能性のあるもの
は出品が禁止されているため、医薬品成分が含まれていない国内商品である必要があります。

また、開封済みのもので中身が個包装されていないものについては、安全性を確保できないため、出品することができません。

大量に入ったサプリメントを購入したのに、途中で飲まなくなったものや、自分に合わなかったものなどを出品したくなる方も多いかもしれませんが、出品禁止対象になる場合ありますので注意が必要です。

メルカリの運営側から出品禁止対象と判断された場合、商品削除、取引キャンセルだけでなく、今後の利用が制限されることがあります。

メルカリのサプリメント禁止表現

メルカリでサプリメントを出品する際、商品名や商品説明欄に、以下のような文言や画像を載せることはできません。

「バストアップ」、「デトックス」、「アンチエイジング」、「若返り効果」、「アレルギーに効く」、「脂肪燃焼に効果がある」、「体質改善」、「便秘解消」、「製品の使用前後(Before・After)の画像」

薬機法では、サプリメントについて、あたかも医薬品のような効果があると消費者に認識させる表現を禁止しています。

これらは、体の機能を変化させるかのような表現なので、出品時に標ぼうすると、薬機法に抵触します。

サプリメントの転売はOK?

サプリメントを転売すること自体は禁止行為ではありません。近年、副業でも「せどり」が流行っており、安く仕入れてメルカリに出品する「転売ヤー」が増えています。

転売自体は禁止行為ではありませんが、必ず先述したルールを遵守する必要があります。

例えば、海外から安く輸入したものや、医薬品の成分が含まれるものなどを安く入手し、転売すると、メルカリのルールに抵触します。また、早く売れて欲しいがために、先述した訴求力の強い禁止表現を載せることもNGです。

また、サプリメントの通販会社が、特商法や利用規約等で転売行為を禁止する項目を設けているところもあります。その場合、その会社の商品を転売することは禁止行為であると言えます。

不正な方法で転売を行うと、メルカリの運営側から利用制限などの措置をとられる可能性があるので注意が必要です。

メルカリのサプリメント大量出品者は不正?

メルカリでサプリメントを大量に出品しているユーザーは、不正な転売ヤーである可能性があります。

近年、通販サイトの仕組みを逆手に取った手口が横行しています。

サプリメントの通販では、定期購入契約にして、初回料金を「お試し価格」として、かなり安く販売する形が多いです。

悪質なユーザーは、その仕組みを利用します。

まず、サプリメントを在庫なしの状態で画像は他人のものを使い、メルカリに出品します。そして、メルカリで売れたら、サプリメントの通販サイトで、購入したメルカリユーザーの住所等を入力して、初回割引分を安く購入し、メルカリ内の購入者に届けます。届けたあとは、定期購入契約を解約します。

そのような形の転売で儲けているのです。

実際にこのような手口が横行し、サプリメントや健康食品などの通販サイトは、膨大な被害を被っています。

フリマアプリ側もこのような不正な転売を把握しているため、モニタリング監視を強化していて、悪質な転売を行っていると思われるユーザーに利用制限措置を行っています。

サプリメントを大量に出品したり、繰り返し出品しているアカウントは、不正行為を行っていると疑われる可能性があります。

メルカリのサプリメントに偽物疑惑?

悪質なユーザーによって、フリマアプリに偽物商品が出品されることがあります。

実際に、フリマサイト(ラクマ)で某大手製薬メーカーと表示した偽物の健康食品が出品されていたことが、消費者庁から発表されました。

消費者がフリマサイトで購入後に偽物だと気づき、企業に通報。企業側でパッケージの表示内容やロット番号、成分などを確認したところ、偽物であることが判明しました。

メルカリでも同様のことが起こっている可能性があります。

本物とかなり酷似した偽物が出回っているので、サプリメントを購入後におかしいと思ったら飲むことを中止して製造企業やメルカリに通報しましょう。

消費者庁の発表に関する資料は以下のとおり。偽物と本物の商品画像の比較が掲載されていますが、かなり似ています。

※消費者庁「フリーマーケットサイトにおける健康食品の偽物の販売に関する注意喚起

まとめ

メルカリでサプリメントを出品したり、転売すること自体は禁止行為ではありません。ただ、今回紹介した規制については必ず遵守する必要があります。

出品する際は、メルカリガイドでルールを調べ、少しでも不安を感じたら、運営側に問い合わせをしたり、詳しい専門家などに相談してください。

無料PDFプレゼント「薬機法のOK/NG表現がわかる148の具体例集」

薬事法ドットコムでは、多数の成功事例があります。

・やずや様(売上30億⇒470億)
・サニーヘルス様(売上70億⇒500億)
・新日本製薬様(売上30億⇒200億)
・美容液I様(創業4年で売上30億)
など

このような急成長を遂げた通販企業の秘密を知りたくありませんか?

無料メルマガでは、そのような成功企業の秘密を公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です