メディカルアロマセラピーは違法で怪しい?効果なし?

「メディカルアロマセラピー」という施術方法を知っていますか。アロマセラピーに似た言葉でもありますが、「何となく怪しい感じがする」「効果はあるの?」などと気になる方もいるでしょう。

そこで今回は、メディカルアロマセラピーがどのようなものか、また、法的に問題はないか、ということを中心に解説していきます。

メディカルアロマセラピーとは?

「メディカルアロマセラピー」とは、フランスで発祥した芳香を使った治療方法のことです。フランスでは、ハーブティーに代表されるように、人々の生活にハーブが根付いています。

また、フランスの医療機関では、治療の一環としてアロマオイルを用いることが一般的です。たとえば、筋肉痛や神経障害などの治療に、ハーブから抽出した精油が使われています。

このように、フランスを発祥とする「メディカルアロマセラピー」ですが、現在では、日本においても注目されており、メディカルアロマセラピーによる施術を行う医療機関も出てきているのです。

メディカルアロマセラピーとアロマセラピーの違い

メディカルアロマセラピーに似た用語にアロマセラピーがありますが、両者にはどのような違いがあるのか説明します。

「メディカルアロマセラピー」は、既に見たとおり、植物の芳香を使った治療方法のことをいい、「アロマセラピー」は、植物の香りを使って心身の健康を促す療法のことをいいます。

一見すると、両者に違いはないように思えますが、両者にはその目的において違いがあるのです。

「メディカルアロマセラピー」は、植物の芳香が有する効能効果を使って、治療の一環として行われますが、「アロマセラピー」の目的は、植物の香りを楽しんだりリラクゼーションを得ることにあります。

精油とは?

メディカルアロマセラピーで使われる「精油(エッセンシャルオイル)」とは、植物から抽出される液体のことをいい、植物の花や葉、種子などにその成分が含まれています。

精油にはさまざまな種類がありますが、代表例として挙げられるのは、ラベンダーやペパーミントです。

それぞれには独自の作用があり、ラベンダーには、緊張した心身をリラックスさせる鎮静作用が、ペパーミントには、ストレスを緩和して眠気を抑えるリフレッシュ作用があります。
このほかにも、食欲増進作用やホルモン調節作用など、精油にはさまざまな作用があるのです。

※ただし、これらの医薬品的効能効果を表現する際は注意が必要です。

精油と薬機法の関係

アロマキャンドルやルームフレグランスなど、精油を使った商品は数多くありますが、これらの商品の多くは、薬機法が規制する医薬品や化粧品等に該当しません。

そのため、基本的には「雑貨」として扱われることになりますが、場合によっては、薬機法上の「化粧品」に該当することもあります。

「雑貨」として扱われる場合

雑貨として扱われる場合は、薬機法の規制を受けないため、精油の製造・販売等について許可を受ける必要はありません。

たとえば、アロマキャンドルやルームフレグランスは、人体に直接使用することが予定されていないため、このような商品を法律で規制する必要はないからです。

雑貨の場合、これらの商品について、医薬品や化粧品としての効能効果を広告で謳ってしまうと、薬機法に抵触し刑事罰等を科される可能性がありますので、注意するようにしましょう。

「化粧品」として扱われる場合

薬機法では、「化粧品」として分類されているものがあり、精油を使った商品・役務等がここでいう「化粧品」にあたる場合は、薬機法の規制対象ということになります。

「化粧品」は、人の身体を清潔にし、美化し、容貌を変え、又は皮膚などを健やかに保つために、身体に塗擦、散布する方法で使用することを目的とするものです。

このような目的で使われる精油は、薬機法上の「化粧品」にあたるため、たとえば、自社でオリジナルの精油を製造・販売する場合には、その製造・販売について許可を受ける必要があります。

また、販売時の効能効果は、化粧品で認められている範囲内でのみ表現可能です。

メディカルアロマセラピーは違法で効果なし?

精油を使って施術を行うメディカルアロマセラピーですが、既に見たとおり、精油は「雑貨」として扱われることが一般的です。

広告を打ち出す場合には、その点にも注意する必要があります。

たとえば、広告が治療的効果・医薬品的効果を謳っているような場合、薬機法に抵触する可能性が高いです。なぜなら、雑貨としての精油は、病気の治療・予防を表現することは認められていないからです。

このことは、「化粧品」としての精油についても、同様にあてはまります。この場合の精油についても、病気の治療効果を表現することはNGです。

「エッセンシャルオイルにより血行を促進」「アロマで疲労回復」といった広告は、治療的効果・医薬品的効果を謳っているとして、薬機法に抵触する可能性が高いでしょう。

他方で、精油の中には日本薬局方に収められていて、薬機法上の「医薬品」に該当するものもあります。その場合には、その医薬品である精油は、認められた効能効果の範囲で、治療効果を表現することが認められます。

次のような精油は、医薬品として扱われています。ウイキョウ油、オレンジ油、桂皮油、丁子油、テレピン油、薄荷油、ユーカリ油など。

まとめ

メディカルアロマセラピーの施術で使われる「精油」がどのような目的で使うのか、どんな表現で販売するのかによって、薬機法上の規制を受けるかどうかが変わります。

薬機法の規制対象となる場合は、精油の製造や販売、広告で使うことのできる表現等にルールが存在するため、注意が必要です。

創業4年で売上を1億⇒30億へ急増させた通販企業の秘密

薬事法ドットコムでは、多数の成功事例があります。
・やずや様・・・売上30億⇒470億
・サニーヘルス様・・・売上70億⇒500億
・新日本製薬様・・・売上30億⇒200億
・美容液I様・・・創業4年で売上30億
など
このような急成長を遂げた通販企業の秘密を知りたくありませんか?
無料メルマガでは、そのような成功企業の秘密を公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。